もっと早く脱毛すればよかった

社会人になって彼氏ができてデートの度にムダ毛処理をしていましたがものすごく肌が弱く毎回カミソリ負けをしてしまって困っていました。仲良しの友達が脱毛をしていて色々話を聞いて私も脱毛することにしました。肌が弱いので脱毛することにものすごく抵抗もあり脱毛するまですごく時間がかかりました。でも今は肌が弱くてもちゃんと相談もあるし安心して脱毛をしてもらえると聞いてきたので、私も安心して脱毛することができました。

インターネットで市内の脱毛のお店を色々検索しましたが、通いやすいほうがいいかなと思って通いやすいお店にしました。インターネットで値段やコースをみていました。完全予約制脱毛サロンだったので、他の施術をしてる人に会うこともなく恥ずかしさもなかったです。

勧誘も全くなくて追加料金も発生することなくコースを終えることができました。もちろん施術の効果をみて自分で判断して追加で施術してもらうこともできます。施術して以来ムダ毛処理することもなくなり、カミソリ負けすることもなくなりツルツルの肌になりました。

数本ムダ毛も残っていますが、全然目立つこともなく真夏サンダルなどはいて生足を出すときなどは軽くカミソリを当てるだけで十分になりました。いちもならチクチク痒くなったりブツブツしてしまっていたのが嘘みたいに綺麗になりました。
もっと早くに脱毛をしたらよかったと本当に思います。お値段もそんなに高くなかったので、大満足しています。

肌のケアに重要な成分選び

肌のケアを行う上で化粧水や美容液には様々な成分が配合されています。
しかし自身の肌に必要な成分でなければ補っても意味が無い場合もあります。
たとえば乾燥肌の方の場合だと保湿力の高い成分を配合したものを選ぶことがポイントになります。
保湿力の高い成分で有名なものはセラミドと呼ばれるものがあります。
この成分は保湿力が非常に高く肌の角質層に水分を閉じ込めて持続させる効果があります。
またコラーゲン配合の化粧品は多く、いかにも保湿効果や美肌効果が高いと思われる方は多いと思いますが、コラーゲン自体は分子が大きいため肌に浸透しにくい場合もあります。
なので低分子コラーゲンと呼ばれる分子を小さくしたコラーゲンを配合してあるのもは浸透力も比較的高いと言われています。
またシミやくすみなどで悩んでいる方には美白効果のある成分を選ぶ必要があります。
美白効果の高い成分として有名なのがビタミンCです。
この成分はメラニンの生成を抑える効果があるだけではなく、コラーゲンを生成する上ではとても大切な成分です。
しかしこの成分は肌に浸透しにくいのが特徴なので化粧水などには向かない成分と言われていました。
そこで開発されたのがビタミンC誘導体と呼ばれるものです。
この成分は肌へ浸透しやすいだけではなく、ビタミンCとほぼ同じ働きをしてくれるのが特徴です。
また他にも美白効果のある成分はあり、ハイドロキノンと呼ばれる成分が注目されています。
この成分はメラニンを抑制する効果が非常に高い成分でこの成分を配合した美容クリームなどが販売されています。
しかしハイドロキノン自体が非常に強い薬なので敏感肌の方が使用すると副作用を起こす可能性があるので注意が必要です。
肌に良い成分は様々ありますが、値段などで決めるのではなく自分に必要な成分をしっかり把握して正しい化粧品を使うことが肌ケアには重要です。

全身脱毛は険しい・・・膝下の痛みで断念。

生えてこなくて良いのに生えてくる無駄毛。
本当に嫌ですよね。
剃刀や毛抜き、シェーバーなどで自己処理していても気づけばまたチクチクと伸びてきてしまいますし。
私は学生時代からずっと自己処理でやってきたのですが、2~3年前にさすがに面倒臭くなって
一念発起しついに脱毛クリニックのお世話になって参りました。
行く前はさすがに緊張しましたが、部屋に通され音楽が流れる中施術されていると
思っていたものと違い、清潔で来て良かったなというのが素直な感想でした。
一気に全部脱毛出来ないので何度か通ったのですが、その手間と金銭的な負担が大きく無ければ
全身脱毛して欲しいくらいです。
始めは脇だけのつもりだったのですが、慣れてきたのでV・Iラインと膝下の脱毛も頼むことにしました。
さすがにV・Iラインは見せるのが恥ずかしかったのですが、中途半端に自己処理し続けたので
まだらで生えてくる毛にうんざりしていたので恥を忍んでお願いしたのです。
でも皮膚が柔らかい所なので痛みも脇の比ではなかったのですが、それ以上に痛かったのは
膝下をお願いした時の膝の裏辺りの脱毛です。
チクンと走る痛みがかなり辛かったです。
普段からその辺りは一切抜いていなかったので、痛みに敏感になっていたようです。
施術して下さったお姉さん曰く、痛みは人によって違うようで脇の脱毛でも痛くて涙を流す人もいるそうですが
それを考えれば脇の脱毛は全然大丈夫だっただけでも救いだったのかなと思ってしまったり。
そんな感じで脇とV・Iラインはほぼ完了し、あとはぽちぽち生えてくる毛を自己処理で気軽に処理出来る範囲に落ち着きました。
足の方はさすがに断念してしまったのですが、もう少し痛みに耐えられるように強くなったらまた再開したいなと思っています。
でも本当一番手間だった脇の毛がほぼ気にしなくて良くなったので、夏場の薄着が気楽に出来て嬉しい限りです。

お得な脱毛サロン←ここから全身脱毛情報を探しました。

ちょこっと掃除大作戦

私は掃除が何より嫌いです。
でも、母として妻として掃除をしないというわけにはいきません。

掃除って体力使うし面倒ですよね。
特に年末大掃除。あれは本当に精神的にも辛いです。

となると、普段から何とかするしかないのです。
一気に掃除、とか、長時間掃除は絶対に嫌です。

そんな私はこのように掃除をしています。
エリアごとにハンディモップを置き、ちょこちょこ掃除します。
リビングと台所はクイックルワイパーを置き、こちらもちょこちょこ掃除する。

リビングは家族が集まる場所なので、埃がたまりやすいです。
こちらはホームセンターで購入した、マイクロファイバーのハンディモップを使用しています。
汚れたら掃除機で吸い取ったり、洗ったりすることができます。
後の部屋はウェーブの使い捨ての物を使用しています。

掃除機は今までは普通のオーソドックスな掃除機でした。
それを物入れからひっぱり出すのがまず面倒。

そして、古くて段差の多い我が家ゆえに、
あの掃除機をゴロゴロひっぱるとそこらじゅうにぶつけたりします。

それ自体がストレスで耐えられない!
ということで、スティック式のサイクロン掃除機に変えました。

まず、自立するので収納しやすいし、出しやすい。
色もデザインもオシャレで、掃除する時に気分がちょっと上がる。

ゴミもパック式ではないので、そのままポンと捨てることができます。
それだけでも掃除しようという気になります。

リビングと台所に近いところに置いてあるので、
気になったらサッと取り出し、ササッと掃除する事が出来ます。

リビングと台所以外の部屋のしっかり掃除は毎日1部屋。
そうすると丁度いいサイクルで綺麗になります。

窓のサンもよく汚れますよね。
これは100均のまどのサン用のミニほうき。
恐ろしいほどにきれいになります。

このようにしてちょこちょこと掃除をして、
これからも楽にかつ、楽しく掃除していこうと思います。

たしかに規則正しい生活が良いに決まっているのですが

小さい頃、子供は早く寝なさいと言われてきました。
寝る子は育つ、とは、昔から言われてきたことです。
大人も睡眠不足で、体調を崩し、倒れることもありますので、睡眠は、
生活上、すべての人に必要な物です。
最近は、自分の枕の高さを考えて、自分にあったもので、健康に気をつけましょうと言うことも言われています。
私も、テレビを見て、実践した人間です。それだけ、ぐっすり寝ることが滅多になく、悩んでいたと言うことです。
もちろん、睡眠はとるべきなのですが、又、最近、新たな悩みが出てきました。
仕事は昼間します。しかし、夜にも文字打ちなどの仕事をします。
それが終わるのは、遅くて夜中1時、はやくて、夜11時です。
そして早朝、5時に起きたり、遅くて6時に起きるのです。
しかしながら、この頃、遠方に友人ができてしまい、その人と、夜中、
2時ごろ話をするようになったのですから、時計が完全におかしくなりました。
私にとっては、率直に考えれば、マイナスのはずです。
しかし、これを私が受け入れている理由もあれば、これには役割があるのです。
一人暮らしの寂しさ、と言うようなものではなく、それ以上に
年々、心身の健康に対して不満がたまり、ドクターにも発散の必要性を
指摘され、家族ではない、他人との交流、会話の重要性を考えた上で、
行っていることです。
この夜中の会話は、治療のひとつなのです。
最初の頃、本当に眠かったですが、この頃、次第に慣れてきました。
ところが、です。会話は毎日ではないのに、毎日、同じような時間に目が覚めてしまうのです。これには少々閉口しています。
規則正しい生活は理想です。
しかし、私は、睡眠をとりつつも、心身の充実もはかりたい、相反する中で
日常生活の上での心身の健康を模索しています。

 

子供の離乳食が始まったお話

子供の離乳食が始まりました。
自他共に認めるめんどくさがりの私は絶対離乳食めんどくさいってなるなと思っていました。
母乳ならほらぱいだよーってあげればいいだけだからすごい楽。
はじめの一ヶ月は母乳が思うように出なかったからミルクの混合にしてたけど、ミルクも結構めんどくさかった。
なにいちいち消毒とかめんどくさい、とかいいながら一応消毒はしてました。
それでも結構適当な母親だけども子供はそれはもうすくすくと育ってくれています。
そしていざ離乳食。めんどくさがりな私もはじめはやはりちゃんとやってあげようと思って、せっせとおかゆを炊いてみたけどもなかなかこれは毎回だとめんどくさそうだ、と思います。
最初のおかゆは米からわざわざ炊いてやるぞ、子供のため!と無駄に頑張りましたが、これがいつまで続くのやらと若干思います。
1週間たったら野菜も混ぜ始めるとかこれは大変です。
だって、今までも大人のご飯作る時間もくれないほどのママ大好きべったり子が自分のご飯とはいえまっているとは思えません。
離乳食よりパイだろと思っているに違いないのです。
少しづつ一人で遊べるようにもなってきたけど、少しづつ動ける範囲も増えてきてベットから落ちたりおいてあるものけりまくったりおもちゃ投げてみたりとやんちゃなところが増えてきたので、これまたどうしたものか・・と思っています。
これからもどんどん自我が芽生えていって新生児の頃の悩みとはまた違う悩みが増えてくるんだろうなと思いながらも、頑張って作ったおかゆを嫌がらずにもぐもぐ食べてくれる息子を眺めながら頑張ろうと思うのでした。
さて、今日も子供が寝静まった後にそーっと離乳食を仕込みますか。
明日の子供の笑顔を思い浮かべながら。